2011年12月01日

Recent activity by Maihama Locos.

浦安ローカル、マツミが立ち上げたWEB SITEを紹介します。

COME TO YARD AGAIN
http://cometoyardagain.info/?page_id=67
 
またみんなが集まれるように、そんな想いを込めて情報や意見交換ができるような、舞浜スケートパークに関する情報を集めたサイトです。
みんなにとって大切な場所が利用できない今だからこそ、一丸となって何かできることはないかと、ローカル達は考えています。

INSTANTSカツミ君によりチャリティーTシャツが制作されて、何かしらで役立つように、舞浜パークのための募金が集められています。
この先いつになってしまうかはわからないけれども、大切で必要な場所なんだという想いを掲示していこうとする姿勢が素晴らしいと思います。
まだ浦安市全体の復旧が追いついておらず、運動施設である舞浜パークの復旧の目処はたっていないようですが、国から公園復旧への援助金がでるかもとの情報もあるようです。しばらく進捗を伺う必要がありそうです。

ローカル達の特別な想いが込められたサイトにみなさん是非訪れてみてください。そしてそれぞれが感じている舞浜パークへの想いを寄せてください。
あの場所を取り戻そう、みんなで、取り戻しましょう!!

Blanc filmとして、キシ君やアッキー達が取り貯めていた映像がアップされ、Come to yard againと題し舞浜パークをトリビュートしています。

Come to yard again by Blanc film
もっともっとたくさんのスケーターが滑りに集まっていた事、いつもの場所でいつも違う場面があったことがたまらなく好きでした。
パークに集まったみんなも同じように感じていたのではないかと思います。
いつかまた、ピースで自由気ままにみんなが滑っている舞浜パークを僕はみたいです。そしてまた同じように滑りたい。
posted by YASAN at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

talk about Kashiwa

ひさしぶりに日記を更新します。

なんでひさしぶりなのかは理由がありますww

1 柏はとても楽しい場所
2 通勤時間が長くなったので、洋書を読む事にどっぷりハマっている

です。日記を書く事よりも目の前の生活に没頭しておりました。引っ越ししてから早三ヶ月と少しが経過して、
新しいアパートの環境も整いつつ少しずつ時間ができるようになりました。

同じ千葉県でも住む所を変えるといろいろな体験ができることに気がつきました。
では、今後ともよろしくお願いいたします。

まずは、柏周辺のスケート事情について書いていこうと思います。
近辺で活動しているスケートボーダー達がつくった動画を紹介します。


STANCE PV5
既にご存知かとは思いますが、ハイブリッドなスタイルのスケートボーダー、ニョドリー君率いるスケートチーム、STANCEのみなさんとも滑る機会がよくあります。みんな楽しむことを忘れずにいい雰囲気で滑っていましたよ。
これは次回作となるプロモのコマーシャル的な動画とのことです。彼の日記からもわかるように、様々な場所に遠征して勢力的に活動している様子が伺えます。かなりのグルメ通と聞いております。これはケイタも気になるところではないでしょうか。夜はスケートもグルメも含めてよく北千住にて仲間達と集っている模様。北千住は電車ですぐいけるので、近々訪れたいスポットの一つであります。





Morito/東京理科大学

高速道路の柏インターを降りてすぐの所に位置するこのスポットは、大学の敷地内の一部にセクション設置の許可が得られているとても貴重な場所で、近辺のスケーターは必ず訪れるまったりスケートスポットです。このスポットは家からドライブで10分かからない所なので、時間がないときでも滑る事ができるので頻繁に訪れています。この前はSTANCEのメンバーであり、ランプショップに勤務しているヨシ君と一緒に新しいセクションをつくりました。さすが本職なだけに、ホームセンターでの材料選びからも無駄がなく的確に必要なものをチョイスして、僅か2時間かからずにとても仕上がりのよいマニュアルBOXが完成しました。高さが低めで長く幅広なのでとっかかりやすくみんなが楽しめるBOXが完成してとても重宝しています。今度はもっと手伝えたらいいなと思っています。

ビデオを撮ったりしてまったりいつでも遊べる空間がある事はとても素晴らしく思います。
理科大卒業生のザッキー君や、近所のみんなが集まった時に自然とカメラが出てきて何かヤリマショって感じになるので、一人で滑るより打然やる気があがります。みんなこれからもっともっと滑ろう。

というような感じでスケートをしていますが、実はかなりたくさんのスポットが近くに点在しています。どこに滑りにいこうか迷ってしまうくらいたくさんあるので、スケーターのみんなにはとても環境の良い所かもしれないです。

これからまた紹介できたらなと思います。

posted by YASAN at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

Maihama Support TEE Part2

浦安パトロール隊の一員である、INSTANTカツミ君より大事なお知らせがあります。
初回の出荷後にすぐ完売となった舞浜パークサポートTシャツの新色がリリースが決定のようです。
オーダーの方法等が掲載されている詳細は下記、カッツンブログより転載します。
今回はステッカーも出来上がった模様です。

--------------------------------------------------------------------
SUPPORT TEE Part2
どもども!
夏の思い出を必死に作ってるカツミです!

前回SUPPORT TEEを買って頂いた皆様に浦安ローカル一同感謝の気持ちでいっぱいです!
本当にご協力ありがとうございます!!

今回SUPPORT TEE Part2は
ホワイトが欲しいと多数の人に言われたので
定番ホワイトと
前回のブラックを買い逃した方が多数居たので
ブラックも!!
MHMTeeW.jpg
MHMTeeB-thumbnail2.jpg

IMG_0355-thumbnail2.JPG
今回はステッカー付き!!


価格2000円
内の1000円は義援金になります。

サイズはホワイト、ブラック共に
XS 着丈57 身幅42
S 着丈63 身幅47
M 着丈68 身幅52
L 着丈72 身幅55
XL 着丈75 身幅60
XXL 着丈80 身幅65
XXXL 着丈83 身幅70

お支払い方法は振込となります。
発送は全国着払いで送らせていただきます。

購入希望の方は
カラー、枚数、お名前、住所、電話番号、携帯メールアドレスを
ご記入の上、こちらまで宜しくお願いします。
オーダー締め切りは9月16日とさせて頂きます。

お問い合わせ
katsumi.now@gmail.com

浦安市は本復旧終了は三年後を目指すと発表しました。
液状化での沈下、生活道路および下水の復興作業など
公園施設の復旧については
引き続き見通しがたっていない状態です。
市からのメール対応も変化なし

回りから『舞浜で早く滑りたいっす』など
よく言われます
浦安ローカルも同じです!あの、のびのびマッタリ滑れる
舞浜パークが恋しい
少し先が見えないけれど、活動をしていけば
絶対にパークが復活するはずです
 
これからも皆で頑張りましょう!!

katsumi
posted by YASAN at 12:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

Kashiwa city

柏での生活について書きたいと思います。

今は柏にてたくさんの仲間との出会い、毎回充実した時間を体験しています。
柏で出会ったスケートボーダーを紹介します。

COMPOSITE SKATE MAG
http://kashiwaskate.jugem.jp/

IMG_1141.JPG
Composite mag Vol1 and stickers. Hariya sports??!!?

柏発信のフリーペーパー&Webを立ち上げたよっくんと出会いました。
彼はみんなに優しく、スポット事情などの嗅覚が鋭い柏ローカルのskateboarder/Photographerです。

千葉駅にあるSOLのヨネが自分が引っ越す事を伝えてくれていたようで、
はじめ柏駅のドープな飲屋街にて歓迎してくれて以来、住まいも近くいつもたくさんの情報を教えてもらっています。

初めは何もわからない状態で家の近所を探索していたところ、家から5分程のところにある、柏の葉キャンパスにあるららぽーと
にあるムラサキスポーツのスケート担当、針谷さんに出会いました。情報は聞いていたよと教えられてビックリ、聞いてみるとよっくんがみんなに伝えていてくれたようです。
IMG_0779.JPG
Yokkun & Hariya-san

みんなでたくさん呑んで楽しんだ後は、めくるめく柏エリア周辺のスケートスポットに繰り出しています。引っ越ししてすぐに、スケートボーダーの繋がりに感動感激しました!!

何もかもが新鮮です、本当に!!
詳しくはまたUpdateしまーす。


posted by YASAN at 10:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

Translation Challenge- DEAR MR. AND MRS. MIDLER BY JIM THIEBAUD



http://theberrics.com/news/dear-mr-and-mrs-midler.html

He is 12 years old and already been skating for 6years.
So sick skateboarder right there!!!

Thank you very much for letting Alex go on his first trip as a Known Associate with the REAL Team. It was a very good trip.
AlexをRealチームとの初めての旅にださせてくれてありがとう。おかげでとても良い旅となりました。
With riders getting on REAL it has always been not just about how good the rider is, but how well they fit in the van while on the road with the crew.
クルー達との時間は、どれだけスケートが出来るかだけではなく、道中のバンの中でもとてもしっくり来ていました。
Fortunately for Alex, since he is so small, he fits just about anywhere the guys could stuff him so it made it real easy to bring him along.
幸運な事にAlexはとても小さいので、どこにいたとしても彼と一緒にいることは容易な事でした。
When traveling, all we ask is that everyone on the team 'just tries' when they skate new spots.
旅の最中は、新しいスケートスポットで滑る時はいつでも、“とにかくトライする”事だけが求められます。
The rest of the team knows the drill.
みんなは事がどうあるべきかを知っていて、
They'd often try to make Alex stop skating so they could go on to the next spot.
時に、次のスポットでも滑る事ができるようにAlexに滑るのを止めさせたりもします。
It was very difficult to stop him from skating... especially after all the candy and soda he ate.
彼にスケートを止めさせる事は簡単ではなく、特にお菓子とジュースを食べたあとは止めようがありません。
Alex killed every spot. It was very cool to see... even the security guards would let him slide as they were impressed.
Alexは全てのスポットをやっつけます。どれもすごかったです。ましてや警備員たちさえも感激して彼がスケートするのを許してしまいます。
I think this trip was good for Alex. He got to meet and ride with the crew and learned a lot from them. He even learned how to sucker Justin, Davis and Ernie into betting big against a little kid in dice and then taking them for about a hundred bucks. You would have been very proud.
Alexにとってもこの旅は良いものとなったでしょう。この機会にてたくさんのクルーと会い、たくさんの事を彼らから学びました。DavisとEmieとサイコロで勝負して高額なお金を賭けさせ100ドルもの大金をせしめました。

Thank you again for letting him get on the road with REAL. He is a great REAL Known Associate. We look forward to him getting taller than Ernie (which should be in about a week and a half) and going on more trips in the future.
あらためて、彼をREALと一緒に行動させてくれたことに感謝しています。彼はRealの知られた逸材です。彼がEmieより身長が高くなることと(1週間半でそうなるはず)、今後さらなる旅をしていくことを期待しています。
Jim Thiebaud,
posted by YASAN at 14:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Thank you!! Maihama Skate Park.

みなさん、おひさしぶりです。
最近はいろいろと変化があったのにも関わらず、それを伝えることがありませんでした。

今は千葉県の柏市に住んでおり、6月20日に引っ越しをして以来、新しい地でが新鮮な日々が過ぎていきます。

生まれてからずっと住んでいた浦安から少し離れた場所での生活が始まり、
昔も今も好きな事には変わらない浦安を離れてしまうことに最初は戸惑いを感じていましたが、
いろいろな出会いや新しい経験ができていることに、今では良い決断だったと思っています。

パークの復興に向け、今でも浦安の仲間達が一生懸命ケアしてくれています。
離れてしまったことにより力添えできない部分もありますが、出来る限り協力していければと思います。

みんなから愛されているMaihama Parkは、必ず戻ってくるでしょう。

DSC00011.JPG

今後、新しいステージにていろいろな発見をしていくため、このブログの幕を閉じたいと思います。
Daily Maihama Skate Parkをチェックしてくれていたみなさん。本当にありがとうございました。
素晴らしいパークを通じて様々な経験とともに、たくさんの仲間がいるんだということを実感できたことに、本当に本当に感謝しています。


2011/08/15
Yasushi Ryuki:)
posted by YASAN at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

Ten Things you didn't know about the berrics... with morgan smith

先日のBATV4のファイナルにてPJLaddに打ち勝った、BlindやDC、Momentum WheelでおなじみのカナダのMorgan Smithが、
自身のショップスポンサーBlue tile loungeのウェブサイトでhttp://theberrics.com/dailyopsについて語っています。
これについても興味があったので、日本語への翻訳に挑戦してみました。

彼とはトロントで生活していた時に一緒に滑っていたので優勝した事がとても嬉しいです。
Morganの当時一番好きなスケーターはPJladdだったので、本人にとっても何より嬉しい出来事だったと思います。

morgan_10berrics.jpg

Ten Things you didn't know about the berrics... with morgan smith
あなたの知らないべリックスの10の事

1. The fridge has an endless supply of Gatorade, every color.
冷蔵庫には常にゲータレードが用意されている。それも全色。

2. It's in the middle of nowhere, just a big industrial area, with no places to eat around it, unless your down to mission in a car, board or on foot.
本当に何でもない所の、大きな工業地帯の中にあるんだ。車や足が無い限り、周りに食事ができる場所ですら見つからない。

3. The floor is not as slippery as everyone thinks, it's good.
路面はみんなが思うほどそんな滑りすぎるほどではない。調子がいいよ。

4. They took my complete after the whole thing was over. They wanted to display it or something.
BATB4が全て終了した際、コンプリートを持ってかかれたよ。おそらく展示か何かしたかったのだろう。

5. It's really hot in there with 600 people watching. I drank 16 litres of water during the whole contest and didn't eat anything and only went to the bathroom twice, sweated it all out.
600人も会場内にいたからすごく暑くて、16リットルもの水をコンテスト中に摂取したよ。何も食べなかったしトイレも2回しかいかなかった。全部汗で流れていったね。

6. The first 10ft at the top of every set is cement, and the rest of the run up is wood, popping off cement feels good.
全てのセットの上から最初の10フィートはセメントで残りの部分は木でできている。セメントは跳ね心地がいいわ。
7. Chase Gabor(the main filmer at the berrics) is the hardest working guy in skateboarding, he's usually there from 9am till midnight all week, and he's always doing something, either filming or editing upstairs,
he does it big. He also drinks Starbucks at least 8 times a day and is sponsored by PowerBalance bracelets.
Chase Gaborはスケートボード業界で最も働いている男だよ。通常9時から深夜まで毎日休まずにべリックスにいて常に何かしているんだ。撮影とか上の階で編集とかね。相当働いているよ。
それと彼はスタバのコーヒーを一日最低8回は飲んでいて、PowerBalance braceletsからサポートを受けている。

8. They have a full shower and kitchen set up(fridge, microwave, sink,dishwasher). I've never stayed the night but for a while there was 3 guys staying in the kitchen/chill room on the couches, pretty raw. People crash there all the time for sure.
シャワールームとキッチンが完備されている。(冷蔵庫、電子レンジ、流し台、皿洗い機)泊まったことはないけど、このあいだ3人のスケーターがキッチンとチルルームのソファーに泊まっていたよ。現実的な感じだった。まぁ毎晩誰かが眠っていることを間違いないね。
9. There is at least 20 people who run the Berrics and the website from an-other warehouse down the street, they all have their own offices and all the product they sell is there, they are all super cool. Thanks everyone!
べリックスには最低でも20人以上の関係者がいて、ウェブサイトに関しては別の倉庫が別の場所にあって、、みんな各自の事務所をもっていて、売るためのプロダクトなんかもそこにあるよ。みんな超いい奴らだよ。いつもありがとう。

9 1/2. Felix Arguelles lives down the street in a huge loft and has a key to the park and kills the park all the time.
Felix Arguellesが近くの大きなロフトに住んでいて、パークの鍵ももっていていつもハンパない滑りをしている。

10. Usually they don't let kids into the park who just show up to skate, but it happens all the time, I feel bad because I know how stoked those kids would be to skate.
ただスケートしに現れたキッズを普段中に入れさせることがないんだけれども、頻繁にそういうことが起きるんだ。彼らがべリックスで滑ることができたらどれだけ満足するかわかるから心痛いよ。
posted by YASAN at 22:31| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

Translation Challenge -GUY MARIANO on MOUSE-

GUY MARIANO on MOUSE
http://www.wallridecatalog.com/wallride22/index2D.html#id=album-242143&num=content-4405028

ガイマリアーノがマウスの撮影当時の事を話していて、とても良かったので日本語にしてみました。
たくさんのカンパニーのシューズを着用していたのが話題になっていたらしく、ナイキのランニングシューズを履いていた理由がスケートシューズを家に忘れてきた。っていったおもしろい話もビデオの中で聞かせてくれます。

GUY MARIANO on MOUSE

I probably had a little more time than the rest of the team to film because I was hanging out with the Menace guys and they were already working on their video. So I was going around with Soc' Socrates Leal and flming before the guys in Mouse got stared on it. So I had a little head start on that one. I think that was because I missed out on a lot of Girl videos in the pas. I was kind of bummed not to be a part of it. I was watching Gabriel and Fabian Alomar and all these guys skate and started getting pumped. It really got me phyched to want to put out a video part.

みんなより少しはフィルミングに掛けた時間が長かったかもしれない。なぜなら当時Menaceの連中と吊るんでいて、以前からビデオ製作に取りかかっていたからなんだ。Mouseのプロジェクトが開始する前からソクラテスリアルと撮影でまわっていたんだ。それがたくさんのGirlのビデオに参加することができなかった理由かな。今考えると参加出来なてなかった事はとても残念に感じるよ。ガブリエルロドリゲズとファビアンアローマのスケートをみて感化されていたよ。俺もビデオパートに参加するぞ!ってね。

"The reason I was never in any skits was because I was nervous. I feel like I don't know how to act. When most of the skits were being filmed I'd be like, "This is going to be cheesy," But then you see it and it's like, " Oh, that was super rad, I wish I could have been a part of it." I was supposed to be in the boxing skit with Keenan but I backed out ot it and Mike York did it.
スキット(寸劇)に一度も登場しなかった理由はちょっと緊張しちゃってたんだよね。どのように演じればいいのかわからないよって気持ちだった。その撮影が終了間近の頃、「どうせ適当なんでしょ」って思ってたけど、実際に観てみて、「うわ〜やばい、俺もやってればよかった」ってなったよ。当初はBoxing skitでキーナンミルトンと競演するはずだったんだけど、俺がしりごんでいたからマイクヨークが最終的に役を演じたよ。

"Me, Mike York, and a couple of other people were living with Eric Liston and those were great times. Eric would wake up and make us all these breakfast sandwiches and coffee and we'd go skate all day. I remember our big meal, if we had a good day, was Califorina Pizza Kitchen. We thought, "We made i! We've arrived!" Eric and I fed off each other a lot, He went to Canada and came back with all this footage. All my part waws filmed in LA, Back then you could put a whole part together in LA. I guess you still could. Paul Rodriguez just did it.
俺とマイクよーくとその他大勢でエリックコストンと共に生活していて、とてもいい時間をすごしていたよ。エリックが起きるとみんなにサンドウィッチとコーヒーをみんなに作ってくれて、その後は一日中スケートしていたよ。いい事があった日には、決まってCalifornia Pizza Kitchenに食事をしに行っていた事を覚えているよ。「俺らはやりとげたんだ!!」ッて感じでね。エリックとはよく一緒に食事をしていたよ。当時彼はカナダに行って撮影した映像を使っているけど、自分のパートは全てLAのスポットで撮影したんだ。
以前はLAで全パートを撮影することが可能だったんだよ。ポールロドリゲスが最近LAのみでのフッテージを完成させたばかりだから、多分今でも可能なんだと思う。

"When you 're making a video and you have a big team, sometimes it's really hard because you go out with like eight dudes and you end up at a spot where you don't want to be and you're sitting around all day, Some times it's good to go out solo where you know there's stuff you want to do and spots you want to skate. You just roll out with the filmer. That's what me ad Tim Dowling were doing at that point. We had a good chemistry because we were good friends. He was growing weed in his house. I was smoking it.
多数のチームメンバーがいてビデオを制作しているとき、8人のスケーター達と同じ場所に行って、自分のやりたくないスポットに到着して一日中座っているみたいに、時々辛い時間があったな。たまにはフィルマーと一緒にソロで自分の好きなスポットに行く事はいいと思うよ。ティムダウリングと当時そんな動きをしていたよ。俺らはいい友達だったからいろいろうまくいっていたよ。彼は自宅でマリファナを育てていて、俺はそれを吸ってたよ。


"The reason the switch frontside shove it crooked grind on the rail wasn't in my part was because Tim Gavin was kind of transitioning out of skating at that time and we made him a bet to grind that rail. He did it and it gottame super pumped. I landed my trick right after and I was like there's no way that footage could be split up. It has be like that with everyone hi-fiving and being all happy. And you just couldn't put all that in the part.

"Did I have the last part? I thought Eric did. Take that Koston! "

Switch frontside shove it crooked grindがパートで塚割られなかった理由なんだけど、ティムギャビンがちょっと現役から離れていた感じの頃、レールでグラインドするかどうかみんなで賭けていたんだよ。彼が乗ってそれですごく感化され、直後に自分のトリックを乗る事が出来たんだ。連続して出来たとこを切り離せるわけがなかった。みんながハイファイブしたりで楽しい時間だったからね。それをただ全部自分のパートに繋げることが出来なかったってだけだよ。

最後のパートって自分だったけ?エリックがそうだっと思い込んでたよ。聞いたかエリック!
posted by YASAN at 11:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

goes around tsukuba

posted by YASAN at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。