2010年12月13日

Shanghai 5 China skateboarding documentary

Shanghai 5 from Charles Lanceplaine on Vimeo.


Kota Ikeda君のブログにて発見!!

中国、上海のスケートシーンを取り上げた25分間のドキュメンタリーです。
極上のレッジが並ぶスケート天国はもちろん、当時は少なかったスケートボーダーもいまでは1000人規模に増えている模様。
普通なら一般人に煙たがられてしまっているストリートスケートも中国では何事かと興味を抱いて見守っている光景も中国ならではな気がします。シーンが今後どんどん大きくなっていく可能性が大いにあります。

本編で終始でてくるJohnny Tang。実は彼、カナダのトロント出身のスケーターです。カナダでもテクニカルで軽いスタイルが定評で、
本場、アメリカのTransworldの雑誌でも過去にたくさんフューチャーされていました。

彼のかつてのあだ名は" Super Ninja" 。常に注目を浴びていた若手の一人でした。
5年前に母国の中国に戻り、シーンを大きくしていっているキーパーソンの一人です。

なんで彼を知ったかというと、自分がトロントでの旅の途中、多くのスケーターが自分にこんな感じで話しかけてきました。
"Yo! Tang! how ya doing??" 最初はJohnny Tangの存在がわからず、なんてスケーター同士の仲間意識が強い街なんだろう?と思っていましたが、あとから聞くとsuper ninjaなるスケーターがいて、容姿がその彼にそっくりだったようです。笑
ローカルのビデオをみせてもらいましたが、その頃のJohnnyのパートは既にキレキレな感じでした。

アジア人同士だと顔の見分けがつくのだろうけど、欧米人カナダ人にはアジア人の顔は結構みんな一緒にみえるとか、、
昔サンフランシスコでも、カールワトソンがくるなり、ジョンイゲイと間違われて声かけられたり。あとでリトルジョンって呼ばれてた。笑。スケートボードが好きな自分にとっては思わぬ嬉しいハプニングでした。

スケートすることで、どんなにすごい人達とも身近に接することができるのがいいところですね。
そんなこんなで、このドキュメンタリーを観てなんだかいろいろな事を思い出してしまいました。
映像、音楽ともにおしゃれで必見です。




posted by YASAN at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。