2011年02月22日

Translation Challenge Josh Kalis interview part2 on Epicly Later'd




Josh Kalis
父がミシガンからダラスに引っ越そうとしたときなんかは、俺を連れて行きたくなかったらしい。
トラブルメーカーだったからね。ニューヨークに住んでいた時はWoodwardのスケートキャンプに送られたよ。そこてトニーと出会ったんだ。何回か撮影をして、Hstreetのビデオにフッテージを載せんたんだよ。あの時は本当に盛り上がっていた。わかるだろ、俺の好きなスケートボーダーが一カ所に集まって滑っていたんだ。マイクキャロルにショーンシェフィー、サルバービアなんかがいて、でもその後はすぐにみんなHstreetを辞めていった。母がNew yorkからPhillyに移ってから、俺は母を訪ねストリートへ繰り出したよ。当時はまだstivieと俺がつるむ前だったかな。お互いただのskate dudeだと思っていた。

Stevie Williams
初めてJoshとあったときは、おれはいとこと一緒に、Red curbsというスポットで滑っていたんだ。Mike mardonadoやBamやBamのお父さん、Joshと一緒に滑ったよ。その頃バムはHstreetのライダーだったんだ。Joshが彼らを紹介してくれて、Joshは郊外から来ていて、Hstreetに乗っていたよ。彼はとてもドープでやばかった。みんなでツアーしたりする事はなかったけど、Loveでのスケートをみてこいつはヤバイ奴だって思ったよ。
Joshは俺らと滑り倒していたよ。俺も滑れてたしジョシュも良かった。でもそれまでは彼の事を一度も聞く事はなかったよ。その時の俺は11歳だったかな。

Josh Kalis
なんていえばいいんだろう。”shirine”。この写真はマイメンの”shrine”だ。なんでかって彼は”shrine”に似ているだろ!?自分が"shirine"のようなスタイルになることはなかったな。

Stevie Williams
俺らはいつも"Love"でスケートしていた。俺がダウンタウンに来る理由はジョシュだったね。当時スポンサーが欲しくて、Joshは既にスポンサードで、ボードやらウィールをくれたんだ。そんなんで俺らはずっと滑り続けていた。
ある日キックフリップノーズスライドを覚えたくて、そんで俺が出来たと思ったら、Joshも出来て、ノーリーフリップアウトなんかもやってた。Joshはなんでも出来ていたよ。

Ricky Oyola
彼がPhillyに来たいきさつはしらないし、この地とどんな関係があったのかも知らないけど、
当時からすごい良いスケーターだったんだ。俺はひたすらスケートで街を流していたよ。俺らみたいに街のスポットを探索するような奴らはあまりいなかった。

Stevie Williams
Rickyは一番だったよ。あのヒエラルキーなスタイルは好きだった。なんでってリッキーは常にルールを決めていて、撮影するときにスイッチのトリックをするときはプッシュもスイッチでやるとか、もしスイッチモンゴーでもやるようだったらLoveで撮影してるんじゃねぇってね。
彼らはこだわりを常に持っていたんだよ。わかるでしょ?

Josh Kalis
一番最初のトランスワールドでPhillyが特集されたとき、Rickyがその中の写真をいくつかみて、「この写真は使うんじゃねぇ。」とか言っていたのが印象的だった。
当初はDGKは存在していなかったんだけど、いつからかつるんでる奴らの事をDGKと総称したんだ。見た目通りだろ。Phillyには二通りのスケーター達がいたんだ。DGKの連中とRicky達だ。

Ricky Oyola
あいつらの事は好きではなかったな。Mattと俺はPhillyで良く知られていて、実際あれは称賛だったんだよ。俺らが作りあげた。わかるだろ、俺らがシーンをつくったんだよ。
もしPhillyで滑るんだったら、Ricky達とつるむべきなんだ。Fred Gallなんかは俺らとではなく、Rickyと一緒だったよ。反対にJoshは彼らとはつるまず俺らと一緒にいたんだ。

Stevie Williams
RickyはPhillyの王様であるはずなんだ。普通はリーダーに従うだろ、そこにJoshがきた。俺はリーダーを追わずにGetto kidsと共にしたよ、迷わずにね。

Josh Kalis
Rickyと一緒にいた時もあったんだけど、ある日Rickyの元彼女と俺が寝たという話を聞いて、二人の間に亀裂がはしったんだ。俺がサンフランシスコにいっている間もだったよ。あれはひどかったよ。

Stevie Williams
あの状況はRickyにとって、「てめぇふざけんな、この街から出て行け」と言わざるをえなかったんだろうね。そしてJoshは街を離れた。彼が行ってしまって俺は終わったと思ったよ。なぜって当時は彼からプロダクトをもらって滑っていたんだからね。

Josh Kalis
噂が広がっていたし、あの街にいることが許されなかったんだ。それからしばらくしてRickyとInvisible tourの時にかちあって、そしてRickyが俺にいってきた。Josh、お前はこれからプロになるんだし、俺はプロだ。俺らは一緒にいるべきではないんだ。そしていがみあうべきでもない。お互いをリスペクトして、どっちかが滑っている場所ではそこを譲れよ。とね。
しばらくそんな調子がつづいて、Phillyに戻った時に、Rickyは俺に謝ってきた。あの時の俺は間違いだったってね。そんなこんなで今は丸く収まっているよ。

Ricky Oyola
当時は別にそんなんじゃなく、本当のBeefではなかったんだよ。本気で思っていたわけではなかったし。わかるだろ。そんなんじゃなかったんだ。ただ二人は違うタイプの人間で、森育ちの俺と街育ちの彼とは、スケートという共通点はあっただろうけど、スケートのやり方は同じではなかったんだ。
ラブは彼らにとって遊び場のようなとこだったんだよ。そこでDCからのサポートももらってさ、成長した今の彼らをみてみろよ。

トレフリップは俺の好きなトリックなんだけど、Joshのやつは最高だね。一番だよ。
Stivieもいいね。いいSwitch flipを持っている。とにかくジョシュのスタイルは最高だよ。
ビッグスピンテールスライドなんてやばいでしょ。おれもあんなのができたらいいなと思うよ。
多分二年も挑戦すればおれもできるようになるんだろうけど、それを俺が実践しても楽しくはないだろうな。

posted by YASAN at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

Daily???MAIHAMA



Daily???MAIHAMA from Yusuke Mikami
まさかの展開です 笑 オモシロい!!
そしてセントーさんが普通に出演しているのが僕には一番のツボでした。
ビデオ制作に関してはミーちゃんは僕より先輩。みんなの滑りが観れて楽しいからもっとやってほしいです!!次回作も期待してまっせ!!


posted by YASAN at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

ATSUGI SKATE PARK


Skate footage from Atsugi skate park!!
posted by YASAN at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

SSP HEADS ON SATURDAY



ExpressionOKKUNとひさしぶりに合流して、この日は江東区の、川沿いの公園の一角にあるスポットSSPにいってきました。
週末は特にローカルが集まっているとの情報だったので、楽しみに向かったところ、すっかり集まっていていましたよ!!

SSPはコンパクトなスポットで、端から端をひたすら往復して滑ります。ローカル達で制作したセクションに集中してみんなで攻めていく感じです。スポットにいるスケーターとの距離が近いから、会話も弾み一体感が生まれるのが不思議な魅力の一つです。

もう10年以上も守られてきている伝統的なスポット。スケートボードパークではないですが、ローカルスケーターのマナーと姿勢が良く、
地域の人達に受け入れられているそうです。散歩しているおじさんおばさんが向こうから声をかけてくれあいさつしてくれる。
そんな光景があるのもしっかりマナーを守り滑り続けてきたローカルたちの賜物であります。

一部の場所では滑らない、公園内の縁石にはかけない等の暗黙のルールもあるようですが、すばらしい環境が継続していけるように、
滑りにいくスケーターは、ローカルの方々にその点を一度聞いてみるのも良いでしょう。

動画を紹介してくれた、InstantKeitaAkagumaさんYSKのNOMさんOkkunみんなどうもありがとう!!
近いうちみんなで滑りましょう!!

posted by YASAN at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

Fun time




2011年もスタートをきってはや一ヶ月、途中インフルエンザにかかり40℃の高熱がでてしまいしたが、すっかり治って
それ以外は相変わらずのペースでスケートボードを楽しんでいます。

年末年始にスイスのジェノバからAlex Pellinが訪れていました。フランス語を母国語として、日本人の奥さんを持つスケートボーダー。
バッグやアクセサリーを布地を用いて制作したりするのが仕事のようです。本人が着ている洋服からも独特のセンスが光ります。
今年は日本にて伝統的なお正月行事を奥さんのYukoさんの家族と一緒に楽しめたようです。今回はあまり自分の時間を作る事ができなかったので、
6月にはスイスのスケートボーダーを連れて再度来日するようです。とても楽しみです。

スイスといえば、元ルームメイトのジュリアンが3月末に来日するそう。沖縄と四国に旅行した後、東京に二週間程滞在するそうです。
今回は奥さんのイザベルと一昨年に誕生した愛娘のアイミちゃんと一緒にくるそうです。すっかり成長してジュリアンも立派なお父さんになっている模様です。

Chrisも元気そうだった。今は千住の方にアパートを借りて、八王子にある大学にはあともう一年通うそう。その後アリゾナ大学に少し戻り卒業となるそうです。
日本語もすっかり上達していて、会話には問題がないように感じました。いろいろなスポットでスケートをしていたようで、スケートのスキルも著しくアップしていました。
なにやら仲間とスケートビデオを製作中とのこと。あいつの勢いは止まる事はないでしょう。

フォトグラファーのトミーとも合流することができました。明るい性格で一緒に滑るのが楽しいです。カメラの事やWeb関係の話をしてくれて、とても興味があり参考になります。
そんな本人は現在英語の勉強にフォーカスしている模様。スケートは海外からの仲間に出会える率が高いから、普段の生活からたくさん取り入れていけばきっと大丈夫だね!
何事もそうだけど、継続していく事がなにより大事な事かもしれないね。

久しぶりに行った平日のお台場は人が歩いてなくプラプラと何カ所かスポットを巡り楽しく滑ることができました。

舞浜スケートパークでも時間の許す限りはスケートを楽しんでいます。パークの魅力はなんといってもいろんな場所からスケーターが訪れてくる事。
同じ場所で滑っていても、滑る仲間によって雰囲気が変わったりして、毎回いつも楽しめちゃっています。 笑
本当にいろんな所からスケーターが訪れます。最近では成田や八千代や木更津から、小山パークからのスケーターも遠征しにきてくれています。のんびり滑れる環境が好きな人がいたり、
石ランプでガンガン攻めたい人もいたりみんな目的は様々だけれども、みんなに愛されている環境が地元にあることにとても感謝しています。

浦安市役所にも、昨年のClean and Repairの活動報告と、マニュアル台の修理の経過について聞きたかったのでメールで問い合わせている所です。
パークは前年と比較して綺麗な状態が継続しているようにみえます。補修を施した部分は衝撃からか再度ケアする必要がありそうです。コンクリートが剥がれてこないようにする技術が必要となるので、材料や盛る方法などを考慮して再度実施できれば良いと思います。いっちょ、みんなでやりましょう!浦安市にもスケートボードの性質上、メンテナンスの必要があることを伝えています。

最近はまたカメラを取り出し、みんなのスケートを撮りたいなと思っています。みなさんパークでよろしくお願いしまっす。 :D

posted by YASAN at 02:43| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

NYC Time lapse



こういう感じがとても素敵だと思います。撮り続けている人は大変そうだけど、、ww
つい何回も観てしまいます。
posted by YASAN at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

NEW YEAR ITS YEAR OF HARE







HAPPY NEW YEAR!!! I love skateboarding more than anything!!!!!!!

posted by YASAN at 00:27| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

INSPIRED



先日、Watcho本人から連絡をくれて、以前からやろうねと話していた事がついに実行できました。
Watchoは自分がこのブログを始めたきっかけをくれた人なんです。前回にも話した事がありますが、
彼の作ったmaihamaでのフッテージにとても影響を受けて、もっとたくさんのスケーターが観れたらおもしろいであろうと、このブログはスタートしました。

COLLAGEというスケートボードを扱う代理店の経営者であるWatcho。公私ともにスケートで生きる、100%のスケートボーダーです。
自らプロデュースするブランドも多く手がけていて、デッキとアパレルのFRESH ROOTSWa!griptape等に加え、本人が今までの経験から得た強いコネクションを通じて、CanadaのデッキブランドKistchをインポートしている会社です。一人のスケーターが経営者となることはかなりの努力と想いが必要だろうと思います。Instantにもプロダクトがたくさん揃っているので、そんなバックグラウンドを知っていると、一味違って魅力的に感じます。

WatchoはKeitaとか自分の同世代でありながら、二人ともスケートボードを基盤として生きていく、影響を受ける存在で大切な友達です。
いつか自分にもスケートの世界でできることを見つけていければいいなといつも思っています。

夕方まで目一杯滑ったあと、Instantで在庫の調整のため仕事をして、その後SITAMACHI FILMのタマちゃんと一緒に撮影に出掛けていました。Watchoは超タフ(絶倫?! ww)な男でもありました 笑。仕事終わりのKeitaと自分は家に戻ってお酒と鍋を満喫していました。料理はKeitaが全部作ってくれておいしくいただきました。


YouTube Maihama Skateboard Park in Japan by Watcho

それではみなさん、よいお年を!!
posted by YASAN at 11:27| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

2010年12月16日

slap one in a million 7th annual



WTF he is so good!!!!
posted by YASAN at 05:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。