2010年09月03日

Keep clean and repair update#2

パークの一部を補修作業のためパイロンとバーで”工事中”と張り紙をし囲っていましたが、少し残念な事が起こりました。スケートをするためにバーを飛び越えていたのでしょうか。5日目にしてバーが折れてしまい、パイロンも引っ張りだしてそのままの状態になっていたようです。

伊藤さんが事が悪化する前に体育館の方に全ての事情を説明し、体育館から借りていたバー等を全て返却してくれました。パークは不特定多数のスケーターが利用するので、もう少し経緯を記載した内容の紙面を貼付けて注意喚起をすればこのような事態は起きなかったのでしょうか?疑問も残りますが、今回試みてわかった結果でもあるので、次回はそれを考慮して取り組んで行かないと行けないなと思います。

今回のケースは決して誰も責められないし、パークで滑る事でどこでも街中で滑ってしまうのを軽減できるメリットがあります。もしパークに足りない要素があるんだとしたら、そこは解消するべきだと自分は思います。そこにある物でスケートするという事はスケーターの本質だから、そのニーズに合った形がそこにあるのが理想なのかと思います。せっかくある浦安市のパーク、みんなが楽しめるパークがより良い形になるために、ここは利用しているみんなが一丸となって行政にアイデアをぶつけてみても良いかもしれません。スケートパークとして存在している場所がどういう場所であるべきか、実際滑っているみんなで本気で話合ってみるのも良いかもしれませんね。


posted by YASAN at 09:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

Keep clean and Repair update#1



Beer pong
http://www.youtube.com/watch?v=JOYduGqZSRc

先週の土曜日に、計画していた補修作業を無事に行う事ができました。
8月中ということで集まろうとはしていましたが、なかなかみんなが集まることは難しくて、、でも参加できてよかったです。

補修工事ということで、まずは必要な道具の買い出しに、明海大学の近くのケーヨーD2へみんなで行ってきました。
正直自分はどんな道具が必要なのかは全く検討がつきませんでしたが、伊藤さんの知識に助けられ、途中ピクニックテーブルをみつけては、beer pongっていう競技が世界中で流行っている?!なんておもしろい話を聞きつつ、必要な道具を購入しいざ舞浜パークへ。

お昼過ぎ頃にパークに到着すると、とても暑かったにも関わらず滑り始めているスケーターがいて、自分らをみるなり協力してくれる体制でいてくれました。こういうのはなんか嬉しいですね。自主的に動いてくれる仲間がいるのはとても素敵な事だと思います。

午前中には既にInstantsカツミ君が工事用の仕切りにつかう、コーンとバーを体育館から借りてきてくれて、セットアップが既に済んでいました。
貸してくれた体育館の人からの注意点が一つあって、備品は競技で使って壊してしまわないでほしいとのことです。コンクリートが完全に乾く一定期間だけですので、舞浜で滑るみなさんはご協力をお願いします。

コンクリートをまず容器にいれて、いい感じになるまで水と混ぜ合わせていきました。ここでNoiseなる3の本領発揮で、的確なアドバイスをもとに作業が進行。こういった場で知識が生きてくるのはマジでかっこいい事だと思います。そのまま塗ってしまうと剥がれる可能性があるとのことで、接着剤的な役割を果たす液体を最初に流してから、コンクリートを溝に埋めていきました。そしてヘラを使って溝が残らないように馴染ませて、ある程度乾いたら余った周りのコンクリートを除去する作業へ。といった流れで作業終了。買ってきたコンクリートが少し砂利まじりのものだったため、乾いたあとの仕上がりが気になりますが、しっかり乾かせばおそらく問題ないだろうとの事。書くだけだとシンプルな作業に聞こえますが、これだけでも相当な時間と労力がかかります。一緒に手伝ってくれたみなさん。本当にありがとうございます。今回の作業が上手くいけば、また次の箇所のセクションの補修に取りかかって行きたいと思います。

引き続き、ゴミがほったらかしてあったり、パーク内の喫煙等も多少あるそうですが、これらの問題を意識しつつパークで楽しみたいと思っているたくさんのスケーターがいる事は事実です。僕らにとってはスケートボードを楽しみにくるのがパークに来る目的であり、わざわざゴミを置いて行ったり、タバコをポイ捨てしにきているわけではないと思います。そういった事は僕らにとっては無駄な部分。そんなつまらないことでマイナス部分が増えてしまうのであれば、最低限のルールや常識は守って、キレイなパークでたくさん楽しんだほうが、よっぽど有意義に時間を過ごせると僕達は思います。ごみがなければ、ごみ拾いする必要なんてなく、その時間だけスケートボードを楽しめるんです。シンプルですね。
posted by YASAN at 10:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

hanging around






Harmony lab update#1 -Spencer Morgan's indoor skate park and shop in Portland

夏もそろそろ終盤にさしかかってきました。もう9月?!はやすぎます。
ですがまだまだ外の暑さはハンパではないです。特にパークは路面が白いから灼熱地獄ですね。みなさん熱中症には気をつけて楽しんでいきましょう。

ルームメイトだったPhil Christieが帰国して一週間がたちました。もの静かなPhilでも家からいなくなってしまうと少し寂しいです。家に話す人がいるってのはいい事かもしれない。考えかたの違いとかでもめたりもしたけれど、日本で生活していてなかなか体験することのできない貴重な時間を過ごしてきました。そんなPhilですが、なんだかんだいっても今回の旅はたったの3ヶ月。今回経験したことや、これからの勉強に対しての思い入れを帰り際に話してくれました。日本が好きなPhil、来年も来れるようにシアトルで仕事をしつつ、次回来たときには日本で仕事をすることも考えているそうです。そう、外国人が日本で働くためには労働ビザを取得しなくてはならず、いろいろと取得への条件もあることから、勉強もそうだけど繋がりからつかんでいくコトも色々学んだようです。仲間から情報を得たり、協力してくれそうなレストランのオーナー、(料理人になるわけではないが、)と出会ったりと、今回いろいろな収穫が会ったのではないかと思います。始めは在宅で仕事をしていくんだと言い張っていましたが、だんだん考え方や視野が広がってきたみたい。来年はもっと飛躍できるといいね。フィル、君はイケメンだからもっと表に出て行くべきです。(笑)ここで一緒に過ごせた時間にありがとうと言いたいです。

Philと出会ったのは銀座のとある大きな通り、たまたまスケートボードを持ってPCの修理に行っていた自分に、「I have the same board!!/同じデッキを持っているよ」と声をかけてくれたPhil。それがまぎれもなく二人が関係をもつようになった最初のシチュエーションでした。そんなにメジャーなグラフィックではなかったから、え〜そうなの?!といって嬉しくなり、銀座のお気に入りのスポットを案内し、帰り際にEmailアドレスを交換しました。メールで関係を保ちつつ、翌年はまた一週間くるよということで合流し、スケートしたり浅草の老舗のお好み焼き屋さんにいったりと一緒に遊び、それからまた帰国後、たくさんのメールのやりとりやチャットをしていきました。そして今回、二人で一緒のアパートをシェアすることになりました。
いまでも二人でよく話すのが、「あそこでPhilが話しかけなかったらいまの生活はしていなかった」。自分もあれは凄く偶然のコトだと思ったし、銀座の人ごみの中でとっさの一言がコネクションを築きました。しかももの静かなPhilがこの自分に話しかけて来たことはかなりの偶然。でも間違いなく言える事は、僕らはスケートボードがなかったら出会ってはいなかった。ということです。スケートボードがあったって、そうめったに街中で出会いがあるものではありません。そんな一瞬の出来事からいままで、僕らのタイムラインは続いています。来年に乞うご期待だね。また会いましょう。Phil!!

そして、またまた偶然のような必然、舞浜に訪れていたSpencer Morganは、パークからプッシュで5分のところにSTAYしておりました。彼も現在は帰国して、彼が思い描いている巨大なプロジェクトに向けて日本でたくさん充電していきました。
今回のメインの目的は奥さんのサキコさんと結婚をするため、彼女の家族に会ったり、結婚の手続きをおこなったりすることが目的でした。そんななか、彼女の実家がなんとパークからすぐそこだったんですね。なんて偶然。そしてこれからは家族の家が舞浜にあるわけで、またこれからも舞浜に戻ってくる機会がたくさんあるとのこと。また来年に会えるのを楽しみにしています。彼の地元のポートランドにも是非遊びにいってみたいです。なんてたってスペンサーはインドアスケートパーク件ショップのオーナーになるわけですから。巨大なプロジェクトとはつまりそういうこと。彼のお店 Harmony Labが近々オープンするとのこと!!とてもフレンドリーで積極的なスペンサーは友人も多く、その繋がりを生かして、地元でもっともっとスケートボードのコミュニティーが良くなって行くように願いを込めパークを運営していくそう。パーク設営に向けて既にガール/チョコレートでおなじみのクレイルタップや、エナジードリンクからのスポンサー会社のバックアップを受けることになっているみたい。大人気のBlent Achely やTaylor Bledsoeらもポートランド出身の友人だそうで、いまそのコネクションをより形のあるものにしていこうとしています。設営に向けての事、これからの展望などを動画にて説明しています。実現のためにはまず協力してくれるスケーターを集めているようです。がんばれスペンサー、おれも手伝いにいきたいよ。23歳にしてこの行動力とスケートボードに対する愛を形にしていくスペンサーは最高な奴です。がんばれー!!

なにかを実行していくにはたくさんの協力者は必要となります。僕らの舞浜スケートパークでは現在、日頃の感謝の気持ちを込めて、清掃活動や補修作業をみんなでやって行こうという”Keep clean and repair"という活動を行っています。
先日、コンクリートのかけた部分を補修するために、材料を買い込んで実行に移してきました。パークで滑っていたみんなも率先して協力してくれたおかげで無事一部を補修することができましたが、必要な課題もたくさんまだ残っています。
これからも定期的に活動して行こうと思っているので、みんなの協力が必要になってきそうです。みんなが楽しめるパークの環境をみんなで守っていけたら、そんな素敵なことはないと思います。

keep clean.jpg
posted by YASAN at 12:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

skateboarding is cool!!

これをみて、スケートボードってかっこいいなぁと純粋に思いました。音楽もすてき。

posted by YASAN at 19:52| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

2010年08月11日

TETSUWAN THURSDAY

posted by YASAN at 03:05| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

Keep clean and repair

keep clean.jpg
made by Ito-san

上記をみてわかるとおり、滑る場所があることへの感謝の気持ちをこめて、利用者によって何か出来る事はないかを、ローカルのみんなで考えて、意識を高めていきよりよい環境を維持していけたらなとの思いから、ローカルのみんなで清掃や修復等の活動をはじめていきます。

誰しも自分が楽しめる場所を祖末にしようとは思わないはずです。ですがたくさんの利用者がいることもあって、普段からそういった意識を持って行動することは難しいコトだとも思います。

ゴミを拾っていけ!ゴミを捨てるな!といった強制的に縛るのではなく、
利用者個人個人が ”利用者としてのマナーを意識する” ことができれば、自然と良い方向に向かうのではないかと考えています。
普段からゴミ拾いしてくれている方がいますが、スケーターが残していったであろうゴミがパーク内にて確認されているのも事実です。
みんなが利用できる場所であることを各自で再認識していって、みんなが楽しめるよりよい環境をつくっていけたらと思います。

パーク内にあるセクションがつなぎ目に破損箇所が目立って来たため、コンクリートを使用して修復していきます。
作業中、一部滑走禁止区域を設けるので、コンクリートが乾くまで滑らないようお願いします。該当箇所には告知や仕切りでわかるようにしますので、その間ご協力をお願いします。

本活動は、実際パークを設立した浦安市長、市役所、体育館関係者も了承しており、各自で修復作業を行う事について賛同していただいています。
他に必要なことがあれば相談に乗っていただけるそうです。また、告知や仕切りのための道具を貸し出してくれる予定です。

※できるだけたくさんの方々に知ってもらいたいため、ブログやサイトをやっている方がいれば、転載してほしいです。



スケートパークの存続問題について、各地で揺らいでいるそうです。岡山県にあるアジア最大規模のアクションスポーツパークの現状が下記ニュースでわかります。


Clip from Commoton blog

税金や国の土地で作られた施設ということもあり、それがたとえ良いものであっても存続が危うい状態であることがわかります。
しかし作った本人達が、「あんなもの」と言っている事はとても悲しい事ですね。
せっかくあるものなんだから、そこは魅力的な場所であるべきだとおもいます。

他にも全国各地のスケートパークにて、存続に向けて活動している方々がたくさんいます。
実際、閉鎖されてしまった国内のパークもありました。

好きなことに対して向き合っていくこと、意思表示する事はとても大事なことなんだと思います。
posted by YASAN at 15:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

steamy hot

posted by YASAN at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

Spencer Morgan

IMG_1234.jpg
spaceball.gif

Spencer Morgan photography
Flickr

この夏突如maihama skate parkに出現した2メートルのBig guy、スペンサーについて紹介します。

スペンサーはフィンランド生まれのアメリカ育ち、コンクリートパークのバーンサイドで知られているポートランドが地元だそうです。
落ち着いた雰囲気でいい感じのスペンサーは実はまだ20代前半、数年前から積極的に日本に訪れており、仕事や遊び、スケートを通じて
積極的に人と触れ合うことで身に付けてきた日本語にはまわりから定評があります。コミュニケーションを大切にする積極的な姿勢が、
彼が短期間で日本語を習得できたんだろうなと感じさせます。初めて会ったときから初めて会った気がしませんでした。
そんな彼がなんで浦安に?実はスペンサーには婚約者がいて、今回日本へ訪れた大きな理由の一つがその手続きとのことです。
婚約者のSakikoさんの家が浦安だったため滞在中、近くにmaihama parkを発見して以降、よく滑りにいっているようです。すごい偶然ですね。
いつも仲良しな二人、これからもお幸せに!:)
そんな二人は9月末まで日本に滞在予定なので、それまでは近辺にて一緒に滑れるタイミングがあるかもですね。

その後はというと、ポートランドに戻ってなにやら大きな計画を実行する模様。なんと地元にHermony Labというインドアスケートパーク/スケートショップ
のオーナーとして、経営をスタートするそうです。夢のような話ですが本当のようです。一からスタートさせるには大変な仕事が待ち受けているはずですが、
がんばって成功してほしいですね。そんな話聞いたら遊びに行きたくって仕方ないです。

最近ブログを始めたスペンサー、日本での体験をこぼれ落とさぬよう、日々の出来事を定期的につづっています。英語/日本語の両方で書いているので、
読み手には親切なブログですね。翻訳に興味がある人にも是非!!

写真をとるのが大好きと言うだけあって、とても良い感じの写真がブログとFlickrに掲載されています。
最近一緒に行動しているから、たくさん写真をとってもらえて嬉しいです。

海外のスケーターから見た日本、下記リンクからどうぞ。

Spencer Morgan photography
Flickr

posted by YASAN at 08:02| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

Event info -Shama presents/FRAME CRUISE-

100721_00.jpg100721_02.jpg

そこには文章や説明書きがなく、写真のみで構成される雑誌、RUA magazineの代表を勤めるSHAMA君のイベントがこの度、原宿Cat streetにあるCBさんのスケートショップ HESHDAWGSにて8日より開催されます。8日の19:00から21:00にてRECEPTIONがあるので本人に出会える機会もあります。

今回の企画はタイトルの通り、使用したスケートボードを丁寧に磨き上げたりして写真のフレームとして再加工して、その中に写真を展示するというアイデアある試みを鑑賞することができます。

本人もオリジナルクルーズとして実際にボードを組んでスケートをしています。
Instantブログでも本間さんが詳しく説明しています。かなりユニークで個性が光ります。

とても行きやすい場所にあるのでみなさん買い物ついでに是非足を運んでみてはいかかでしょうか。

RUA
posted by YASAN at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。